2011年06月29日

夏は、野草を干しませんか?


梅雨が明けて、雨が一段落したら、
野草を干すのにおすすめの季節が、やってきますよ。


え?野草を干すっていわれても・・。
と思われる方も多いと思います。


けれど、2,3種類の野草を干して保存しておくと、
いろんなことに使えるんです。


特に、日本には、身近に気軽に採取できる
野草が多くあるのが、すごくいいところです。



ということで、今年の夏のイベントは・・

≪田舎に行って、野草狩り!≫

というのは、いかがでしょうか。

脱エアコンで、省エネにもなりますよね。




●おすすめの野草と乾燥のさせ方。●○・・・・・


誰もが知っている、
ヨモギ・タンポポ・ドクダミ・スギナなどが、おすすめ。


これらの野草は、日本全国どこででも摘めるし、
夏の採取に適しています。


野草を摘むときは、地面の少し上の茎の部分から、
花の部分まで、全草を切り取ります。


採取した野草は、よく水洗いして、紐で縛り、
吊るして、天日で丸一日干します。


乾燥したら、3〜4cmにハサミで細かくして、
セラミックか、ほうろうの鍋で炒り、保存容器に入れて保管します。


乾燥剤を一緒に入れておくと安心です。




●野草の使い方●○・・・・・


・そのままだしパックの袋に入れて、入浴剤として使う。


・ミルで粉末にして、お茶に。

 また、パンやホットケーキを作るときに混ぜたり、
 ふりかけに混ぜたり、てんぷらの衣にも。

 キレイな色になりますよ〜。


・ミルで粉末にして、石けん作りに。


・ミルで粉末にして、フェイスパックに混ぜてつかう。



アイディア次第で使い方いろいろ。

ぜひ、野草を干してみてくださいね。


posted by りんがりんが at 09:25| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

悩みやマイナス感情を、開放しよう。



辛い思いや悩みなど、いつの間にか
心に溜まっていることはありませんか。

マイナスの感情は、溜め込まないで、すぐに開放しましょう。


ちょっとしたやり方を知っているだけで、
生活の質に、差が出てくると思います。




まずは、「呼吸法」です。


呼吸が深くてゆっくりな人って、ショックから立ち直りやすくて、
気分転換が、上手な人が多いんですよ。


ショックなことが起こったときには、とりあえず深呼吸。

たくさん吸い込んで、ゆっくり吐きます。


このとき、大きな呼吸によって、自分の感情が、
溶けていくイメージを、持ってみてください。




つぎに、「ウォーキング」。

ショックなことや、ストレスでイライラがあったら、
とりあえず、全部ほっぽりだして、ウォーキングへ。


歩きながらも、脳は、悩みの解決策とか、
あれこれ対策を考えるんです。


歩いていると、脳が考えを整理する速度が上がって、
早く立ち直れます。




そして、「フラワーエッセンス」

フラワーエッセンスをプラスすると鬼に金棒!?です。


植物のエネルギーが、凝り固まった思考や感情を
ゆっくりと溶かして、本来のピュアな気持ちに近づけてくれます。


少しでも、自分に戻れる時間があると、心に余裕ができます。




身体の不調(病気)は、ちゃんと手当てをするけど、
心の不調は、目に見えません。

ついつい、後まわしになってしまいます。


本来、心と身体は、同じもの。

自分をいたわる時間を作ってあげて、
心の不調も、しっかり手当てをしてあげてくださいね。




posted by りんがりんが at 08:42| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

梅雨の体調管理。



沖縄の方では、明けてきたようですが、まだまだ梅雨真っ只中。

なんだか、ちょっとだる〜い。。。。
そんな方、いらっしゃいませんか?


梅雨は、身体の疲れを感じやすい時期なんです。

というのも、梅雨の時期は、湿度が高く、一日の気温差が大きいため、
代謝機能が低下するのだそうです。



こういう季節は、代謝を高める食べ物を食べつつ、

いつもよりも、スケジュールをゆっくりさせて、
あまり無理をせず、のんびり過ごすのも、いいもんです。


この時期のしっかり体調管理で、夏の乗り切り方が変わってきますよ。


夏バテせずに、元気に夏を乗り切るために、
この時期、少し気を付けてみましょう。




≪梅雨の体調管理≫


[1] 毎日しっかりお風呂に入る。

シャワーで簡単に済ませずに、しっかりとお風呂に入って、
汗をかくことが重要です。

新陳代謝を高めて、すっきりと梅雨を乗り切りましょう。


入浴効果を高める「ジュニパーベリー精油」や「天然塩」を
お風呂に入れるのがおすすめです。




[2] 食べ過ぎない。

代謝機能が下がっている時に、食べ過ぎると、
体調不良の原因となってしまいます。


雨が多くて、自宅にいる時間が長いと、つい食べ物を
口にすることが多くなりますが、そういうときは、ぐっと我慢。

特に、甘いもの、冷たいものは、身体を疲れさせてしまいます。




[3] 雨が上がったら、お散歩する。

雨が降っていない時は、意識的に外に出て、お散歩してみてください。

代謝を高めると同時に、夜、ぐっすり眠れる効果があります。


もちろん、お散歩のときは、UVクリームを忘れずに塗ってくださいね。




[4] 気温をチェックして、体を冷やさない。

一日の気温差が大きいときは、気付いたら、身体が
冷えていることもあります。

天気予報の最低気温、最高気温をチェックして、
ストールなどを一枚持参するようにしましょう。



身体の疲れは、心の疲れにつながってしまいます。

しっかり健康管理して、気持ちよく夏を迎えましょうね♪





posted by りんがりんが at 07:13| Comment(2) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。